95FDAD3B-AB2B-4A9B-855D-EA8F2FD28674


━━━━━━━━━━━━━━━━━

【世界のジャイブ王 Salon】


ウインドサーフィンの

【三大自由】を手に入れる❗️

1、スピード 2、内傾 3、重心移動

この3つを手に入れると最高のウイン人生を送れる事になる!


全世界のウインドサーフィンの10%になれるのである。

それは例えるなら「風になり、空になり、海になる」


【没頭する力】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━



無気力な人生を送ってきた。


中学では野球部、高校ではサッカー部に入部しては

6ヶ月も続かずに瞬く間に幽霊部員に。


その後、直ぐにで正式に退部した。



高校卒業後は、就職もせずに、友人家族営業所の新聞配達の

バイトをしながら、青学に行っている友人と

毎日テニスをしたり、キャチボールしたりと




何かに熱くなるということもなく、

特に夢を抱くこともなく過ごしてきた。


ウインドサーフィンと出会うまでは。





無気力な私に火をつけたのは充実感だった。


自由にコントロールできないの事が、楽しかった!

とにかく言うことを道具が、全く聞いてくれない。



その頃のウインドサーフィンは、ウインドサーフー艇と

呼ばれていた、今のウインドサーフィンの元である、

商標登録してしまったため、以後はボードセイリングと

呼ぶ羽目になったのだが・・・


日本に数台しか入ってきていなく、私の街にはと言う方が

正しいのだが、初めて駅の前の丸井で見たときには、

衝撃的で輝いて見えたものだ。




心に火がついたというよりも、

ウインドサーフィン身も心も捧げて没頭した。


丸々3年間 一年365日、ゲレンデに通いつずけた。

一日も休まずにって言うか、そんな事さえ考えなかった。


女の子にさえ目もくれず、遊びもせず、

好きなものを食うわけでもなく、ひたすらウインドサーフィンに

乗りつずける事に3年間没頭した。


現実的に言うと、その没頭は、以後30年は続くことになるのだが、





経緯はともかく、

その時の思いが実を結んだことになる。





ウインドサーフィンの三大自由を手にいれた、たとえば、


どんなコンディションでも楽しめる、オンショアだろうが、

ストレートオンだろうが、波がなくても、ある程度大きくても、

大きすぎるのは怖いが・・・。自分のしたいウインドサーフィン

だけを選べるスキルを手に入れたのだ。



すべてはあの当時行動を始めたこと、

そして続けたことがもたらした結果。





もしも行動していなかったら。


あるいは早々に挫折していたら。



きっと、今でも新聞配達員で残念な経歴での

ダメダメな暮らしていたのだろうか。


あるいは未来から目をそむけて、

フリーターや派遣社員でも続けていただろうか。




どちらにしても、今のような人生はなかっただろう。


明日のことを考えてワクワクせずにいられない人生は。





以前に行動の早さと没頭する意識の高さが

上達する人に共通している条件だとお伝えした。



ただ、もう1つ大前提となる力がある。


それは継続力。


とにかく続けられること。



これは言い方を変えると、

時間割引率が低いこととも表現できる。


この時間割引率とは行動経済学の概念だが、

時間割引率が高い人の場合、

今すぐ欲望を満たすことしか頭にない。



たとえば、今日、10のスキルをもらうのと、

一週間後にさらに10のスキルを上乗せしてもらうのを選べるなら、

時間割引率が高い人は今すぐもらうことを選び、

時間割引率が低い人は50%上乗せされた額を賢明に選ぶ。


つまり、時間割引率が低い人の場合、

現在の利益と未来の利益の間に極端な差がなく、

状況によって適切に行動を選べる。


逆に時間割引率が高い人は

長期的な視野に立った行動はできず、

未来に大きな利益があると分かっていても、

それを待つことができない。




時間割引率が低い人の場合、

未来に大きな利益を生むために

仕組みを作る期間を待つことができる。

6ヶ月継続ぐらい平気で待てる。


時間割引率が高い人の場合には、

目先のなんちゃってスキルや

なんちゃって浜一くんに走りがち。




結局、すぐに投げ出してしまう人が

素晴らしい上達を成し遂げれられるわけもない。



「世界のジャイブ王 Salon」でも、

1日30分、週に二、三回、動画やテキストを

継続して行ってもらうことになる。


これを続けることによって

6ヶ月後にはプロ並みの知識と実力を得てもらい、

もちろん自由自在なウインドサーフィンを・・・。



こうしたことを考えている。




社会人であれば、1年目を終えた段階では

まだまだ下っ端もいいところ。


しかも、フルタイム+残業で。




それに比べると、

今回の講座はプロとなるまでの時間がいかに短いか

お分かりいただけるはず。



そもそも今までNOVE講座に気軽に入ってくる人の

大部分は1ヶ月もかからずに挫折していく。


ただ継続できるだけでも十分に特別で、

それが能力と言えることは多くの人を見てきて実感した。




たとえば、私の弟子として

止まらないジャイブを攻略してきた人を見ても、

最初に一気に頑張って力尽きる人よりも、

少しづつコツコツ積み上げてきた人のほうが

大きな成果を上げている。


かっこいいフォワレイキジャイブ を手に入れた人たちも

複数いるが、彼らは例外なく1年以上続けることができたタイプ。


特に何の知識も経験もない人達だったが、

ひたすら妄想トレーニングと実践を繰り返し

を続けることで結果を出すことができたのである。



ウインドサーフィン3大自由を手に入れたメンバーの

意識の高さがこうした形で証明されたのは私としても嬉しい。


多くの人が半年から1年以上のスパンで

真剣に取り組もうとしてくれている。



「楽してチョロチョロっと上達できたらな!」

と寝言のようなことを言って参入してくる人たちと

ウインドサーフィン3大自由を手に入れたメンバーが

戦っても、最初から意識が違う。


この差は大きい。


意識の高いメンバーが集まってくれたことを

心から感謝したい。




毎日 動画を見てテキストを10分程度、見ているだけで

最終的には、ジャイブの本質を理解してしまえば、

極端なことを言えば完全に上達自動化することも可能。


結果が出るまでの最初の期間が一番厳しいが、

そこを乗り切ってしまえば自由が得られる。


もう2度と他人に教えを請うこともなく、自分の考える理想的

ジャイブを追求でき、人に尊敬され、最高に楽しい

ウインドサーフィンライフを手に入れられる。




行動の早さ、本質意識、継続力。


この3つは個別のスキル、

たとえばプレーニングやジャイブ技術、スピード技術等より

はるかに重要。



そして、ウインドサーフィン上達のための

行動の早さ、本質意識、継続力は、楽しければ

意志の力で誰でも手に入れられるもの。


私も最初から持っていたわけではないが、

楽しさとともに徐々に身につけていったものなので。


この3つの条件さえ満たしていれば、

細かいスキルなんて後からいくらでも身につけられる。





PPS.

講座の内容を詰めるため、

珍しく最近はひたすらコンドミニアムのプールやスターバックス

で仕事を・・・!


ここしばらくあまり仕事をしていなかったので、

久しぶりの感覚が(笑)。




普段は食事に出る時もiPadで漫画を読んで

食事が出くるのを待つのが、

パソコンを持って仕事をするようになった。


この講座は本気を出して最終的には加速ジャイブ

を輩出していくので、ぜひ期待いただければと思う。




固定概念はぶち壊して、


想像もできないような加速するジャイブ行きのチケットを


しっかり手にしていきましょう。